In tent
by iepe112
<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
カイデソウ
か 遭難ですか?
そ そうなんです。
か そうなんですか・・・

そ 相談なんですが・・・
か なんですか?
そ そう・・難ですが・・
か 難・・・何ですか?
そ 何なんですが・・
か 何なんですか!?

そ 爽快ですか?
か そう・・悔です・・
そ そうなんですか?
か なんです。解?
そ 懐ですか?
か です。 貝ですか?
そ 海草です。
か そう、何です?会?
そ 想death会
か そう、何でっすか?
そ 総出SKY
か 快ですかい?
そ 快でSKY
か 買いですか?
そ そうです。皆。
か そうなんですか・・・
そ です。そういう会。
か 階層ですか?
そ 改想です。
か 貝、そう出来ますか?
そ 皆、そうできます。
か 海僧ですか?
そ 下位僧です。
か 海で僧?
そ そう、海で
か カイデソウ?
そ そう。嗅いで!
か 塊出そう・・・
そ そう、開出。
か 皆、出そう・・
そ そうかい。快で想。
[PR]
by iepe112 | 2007-12-17 09:51 | コトノハ
L.A.D
代官山とロッサンジェルシュを混ぜたような坂道の多い街で
彼女とふたりで古着屋を巡る。
一軒目に入った店でDVDのmixを見ていたら黒人のとても綺麗な女性のPVが流れていた
その女性のアップから下へのパンで顎のラインがシャープに出で来て
そのまま気持ちが悪いくらいに顎が伸びていき
毛穴までも見えてきたので目をそらしたら2件目の古着屋にいた。
そこではアフロヘアでチェックの服の上からオーバーオールを着た森君が必死に働いていた。
お互いに気がつくと腰を落して尻を左右に振り懐かしく恥ずかしい挨拶を交わした。
その店の女店長がPVの黒人の名前を教えてくれたが忘れた。
黒髪のストレートで背の低いクールな人だった。
店の前はとても長い坂道で
長髪で髭の二人組がウィールのないロングボードに乗って直滑降していた。
彼女の存在が疎ましく思う60年代だった。
[PR]
by iepe112 | 2007-12-17 09:16 | ムイシキ
誰?
最近眼鏡の横からいない人が見えます。
[PR]
by iepe112 | 2007-12-06 16:07 | キヲツケ
勺 T pat
とあるヨガセミナーに初めて顔を出した。
そこで呼吸法を教えてもらい、深呼吸を繰り返した。
そこには、呼吸を繰り返すことによって社会的な勺はなくなります。
と書いてあったのを覚えている。
どこまでも深い深呼吸が出来た。
その呼吸を見た講師をしていた男性に
あなたは数万人に数人しかいない人の中にいる、と言われた。
セミナー終了後にその男性が近づいてきて
今日はありがとうございました、と言って目を合わせた。
多分、数秒だったがとても長く、目の奥深くまではっきりと見えた。
とても綺麗に輝いた瞳だった。
しかし突然目をそらして小声で何か言った。
その声は聞き取れなかった。もしくは忘れてしまった。
最後別れる時、彼がまた小声で何か言った。
聴き取れなかったので、もう一度聴き直した。
献身的に生きなさい。
そう言い終わると同時に人ごみの中に消えていった。
そこで目が覚めた。

この夢で不思議な事は一つ一つがかなり明確だった事だ。
まず、教本のようなものに書いてあった言葉。
勺という字が読めなかったがその勺の字だけやたらと大きく
離れた所に書いてあった。それを見た目で覚えていた。
講師の顔、今はもうあいまいだが、初めて会ったはずなのにかなりはっきりとした顔だった。
現世では人の目を見て話す事がかなり苦手だが、瞳の奥深くまで見えた事。
最後に言われた言葉。
ヨガを習った事はないが、一度深呼吸のしすぎで倒れた事がある。
何か強いメッセージを感じた。
[PR]
by iepe112 | 2007-12-06 16:06 | ムイシキ
痛面イタイズラ
鼻の辺りでまっすぐ切りそろえた前髪のわずかな隙間から見える目は
重力を感じられないまま真っ暗な穴にひたすら落ちてゆく様に
俺を道の向こう側に誘う

口元ではボソボソと何か発しているがこの距離では聞き取れない
焦点の合わない大きな目が少しずつ近づいてくる

部屋の中では空間のわずかなズレを感じる
空気が膨張して 水に浮く油のようにフワフワと
意思を持って奴らは確かな方へと飛び回る

俺はただ目だけを開き体はビクとも動かない

キャスパー達が部屋の角に吸い込まれるように消えてゆく
と、俺の体の上には、あさってを向いた目をした影だけでできた少女が
ギザギザに尖ったナイフのような影に全体重をかけている、俺の心臓めがけ

残像が見える程の一瞬だったが
とてもゆっくりと命を奪う距離を縮めてゆく

いい加減にしろ!!叫んで布団を蹴り上げた

少女はいたずらっ子の様に舌を出して消えていった

焼酎の入ったグラスが床に転がった
顔が痛い
[PR]
by iepe112 | 2007-12-06 15:53 | ムイシキ


その他のジャンル